保育士人生、いつかは報われるさ!


by zkzdn0zb2h

<県職員不正流用>4人で総額1億円超 神奈川県が調査(毎日新聞)

 架空発注で業者に公金をプールさせる「預け」の手口で、神奈川県税務課に在籍した職員4人が約4800万円を私的流用していた問題で、県の不適正経理調査部会(部会長、徳江義典弁護士)は26日、4人による私的流用は02〜06年度にかけて計1億2090万円あったとの調査結果を明らかにした。県は09年1月に自殺した職員(当時58歳)を除く3人を詐欺容疑で県警に告訴しており、損害賠償を求める方針。

 私的流用額について、県は3人を懲戒免職にした1月29日時点で「少なくとも約4850万円」としていた。部会の追加調査で約2・5倍に膨らんだうえ、使途を解明中の預けもあり、さらに増える可能性がある。

 調査結果によると、税務課では99年度に各県税事務所の経理の一括処理を導入し、需用費などが余るようになった。預けが始まり、08年度までに総額計約1億6405万円が判明した。このうち、02〜06年度に図書カードの納入や架空工事を発注して取り崩した約1億2090万円を私的流用と認定。1人当たりの流用額は自殺した職員の約5400万円が最も多かった。【木村健二】

【関連ニュース】
不正経理:神奈川県警で14億円 横浜市でも2.9億円
横浜市:07〜08年度に不適正経理 別年度納入や預け
名古屋裏金:104人処分 390万円返還へ
不適正経理:横浜市で「別年度納入」「預け」−−07〜08年度
不正経理:神奈川県警、03〜08年度14億円 横浜市は6年で2億9700万

英国の33歳女性、18回流産乗り越え出産(スポーツ報知)
夜間・休日の急病、「救急車を呼ぶ」が半数近く(医療介護CBニュース)
重体の4歳女児死亡…宮城アパート火災(産経新聞)
消えゆく言語守ろう 外国人ら池袋で祝典(産経新聞)
<新幹線>さよなら「500系のぞみ」 28日で見納め(毎日新聞)
[PR]
by zkzdn0zb2h | 2010-03-01 15:17