保育士人生、いつかは報われるさ!


by zkzdn0zb2h
  厚生労働省は17日、肝炎対策基本指針を策定するため、専門家や患者代表から意見を聞く協議会の初会合を開いた。予防や早期発見のための施策、医療費助成の在り方などについて話し合い、同省が11月をめどに指針をまとめる。

 協議会では、長妻昭厚労相が「国の肝炎対策はまだまだ不十分な点もある。厳しく建設的なご意見をいただき、(医療費などの)助成を拡充する方向で支援策を考えていきたい」とあいさつした。

 患者代表の委員で、薬害C型肝炎訴訟原告の武田せい子さんは「仕事を持つ患者が治療をちゅうちょしないよう、休業中に一定の給与を補償する制度が必要」などと訴えた。

 肝炎は国内最大級の慢性感染症で、感染者は300万人以上と推定されている。基本指針策定は、今年1月に施行された肝炎対策基本法に基づき行う。

【関連ニュース】
老齢加算:原告ら復活求め厚労省に要請 廃止違法判決受け
顔にやけど男女差認定:厚労省控訴断念 障害等級見直しへ
郵便不正事件:厚労省元係長の初公判は6月9日 大阪地裁
慢性肺疾患:「せき・たん」問診に追加も 厚労省検討会
厚労省:グループホームの防火設備助成拡大 札幌の火災で

<菅首相>沖縄県知事と15日に会談(毎日新聞)
おたる水族館 白いトド「レタラ」4日の命 おぼれ?死亡(毎日新聞)
自殺率・出生率、秋田県が15年連続全国最悪(読売新聞)
政権公約要旨 みんなの党(産経新聞)
ボート転覆 女子生徒1人が死亡 浜名湖(毎日新聞)
[PR]
# by zkzdn0zb2h | 2010-06-19 01:14
 佐賀県で97年に起きた看護師殺害事件で殺人罪などに問われ、佐賀地裁で無期懲役の判決を受けた被告の控訴審が開かれないまま、6日で10年になる。1審判決後、被告が拘置所で自殺を図り意識が戻らなくなり、公判が停止されたためだ。制度上、公判停止前の判決を確定させることはできず、このまま意識が回復しなければ、1審判決が無効になる可能性もある。被害者の遺族は「裁判ができないなら、1審判決を確定させてほしい」と訴えている。【和田武士】

 事件は97年11月26日に起きた。1審判決などによると、無職、樋渡大輔被告(33)=佐賀県塩田町(現嬉野市)=が以前入院していた病院の看護師、岩崎真知子さん(当時23歳)=佐賀県嬉野町(同)=を呼び出して、乗用車内で首を絞めて殺害。遺体を車で長野県まで運び、山中の物置小屋に遺棄した。

 被告側は殺害の事実を認めたうえで「心神耗弱状態にあった」と主張し、佐賀地裁が完全責任能力を認めて99年3月に求刑通り無期懲役を言い渡すと、福岡高裁に控訴した。

 ところが関係者によると、樋渡被告は控訴後の99年5月に福岡拘置所の独居房で首つり自殺を図り、後遺症で意思表示ができなくなった。高裁は00年6月6日に「低酸素脳症による意識障害などのため出頭できない」として公判停止を決定。

 岩崎さんは樋渡被告から女性問題について相談されていた。地裁は「親切心から行動をともにしていた何の落ち度もない被害者を殺害した」と認定した。岩崎さんの父澄雄さん(70)は「判決だけが救いだった。このまま被告が回復せず1審判決がなくなるのは耐えられない」と複雑な胸中を明かす。樋渡被告は判決前に1度だけ謝罪の手紙を送ってきたが、信じることはできなかった。「そんなことになったら娘に何と報告していいのか分からない」と無期懲役の確定を求めている。

 ◇ことば 公判停止と公訴棄却

 刑事訴訟法314条は「被告が心神喪失の状態だったり、病気で出頭できないときは公判を停止しなければならない」と規定。被告が死亡した場合などには、裁判所は決定で公訴を棄却しなければならないが、それまでに言い渡された判決は無効になる。東京高裁では、被告の精神疾患を理由に、殺人事件の公判が81年から中断しているケースもある。

【関連ニュース】
横浜・弁護士殺害:いきなり胸さす? 腕に争った傷なく
最高裁:拳銃譲渡で無罪を破棄 大阪高裁に差し戻し
横浜・弁護士殺害:凶器、刃渡り20センチ超 強い殺意?
岡本倶楽部事件:弁護士会が電話相談と被害者説明会開催へ
殺人:弁護士が男に胸など刺され死亡 横浜の事務所で

新幹線点検基地の地図見返り、パー券購入を依頼(読売新聞)
【アートカレンダー】「今津景フラッシュ」東京・白金・山本現代(産経新聞)
女性に乱暴し現金強奪 容疑の会社員逮捕(産経新聞)
羽曳野で連続不審火(産経新聞)
<地震>岩手、宮城で震度3=午前7時39分(毎日新聞)
[PR]
# by zkzdn0zb2h | 2010-06-08 09:39
 現代社会のひずみを織り交ぜながら、生きることの厳しさと人間の情愛を描いた映画「春との旅」(毎日新聞社など製作)が22日、全国各地で公開された。東京の映画館「新宿バルト9」では、小林政広監督や出演者が満員の観客の前で舞台あいさつを行った。

 高齢の忠男(仲代達矢)と孫の春(徳永えり)が忠男の落ち着き先を求めて旅をする、という物語。小林監督は「一人でも多くの人の心に残るように、という思いで作りました。こんなにたくさんの人に来てもらい、うれしい」と感激の面持ち。仲代さんは「監督は8年かけてシナリオを書き、私のスケジュールが空くのを2年待った。みんなで一生懸命作りました」。徳永さんは「すてきな作品になりました。皆さんに大きく育ててほしい」と語った。

【関連ニュース】
薬師寺:映画「春との旅」奉納される
春との旅:仲代達矢の9年ぶり主演作 小林政広監督が他者とのつながりを描く
映画:「春との旅」22日公開記念 シルクロード終着点、奈良・薬師寺で奉納鼎談
映画:「春との旅」上映成功へ実行委 ロケ地の大崎・鳴子温泉 /宮城
眞木大輔:AKIRAも感動? 吉瀬美智子とリヨンで運命的な出会い 映画「白夜」完成披露

<ひき逃げ>トラック運転手を逮捕 大阪・港区で男性死亡(毎日新聞)
睡眠時無呼吸発見プロジェクトを立ち上げ−SASネット(医療介護CBニュース)
<レールランナー>鉄路も道路も、これ1台 点検や災害時に(毎日新聞)
高級ベーカリーを上海に初出店=アンデルセングループ(時事通信)
ビオトープ 国内最大級 産廃処分場が大変身 北九州(毎日新聞)
[PR]
# by zkzdn0zb2h | 2010-05-29 12:37
 米軍普天間飛行場の移設問題に揺れる沖縄県は15日、本土復帰38年を迎えた。沖縄戦と米軍の占領統治を経て、復帰した現在も沖縄には全国の米軍専用施設の74%が集中している。15日は「平和行進」の参加者たちが午後から普天間飛行場のある宜野湾市で大会を開く予定だ。

 沖縄には約2万3000ヘクタールの基地が存在し、沖縄本島では全面積の約2割を占める。復帰から09年末までの米軍人らによる犯罪検挙件数は5634件。米軍の訓練による原野火災や飛行機の燃料漏れなどの事故は1493件起きた。交通事故も含めると、米軍絡みの事件・事故は1カ月間に22件も発生していることになる。

 鳩山由紀夫首相が一時「最低でも県外」とした普天間移設問題は、政府が「県内移設」の動きを加速させており、沖縄の人々に怒りや不公平感を与えている。

 約9万人が集まった4月25日の県民大会で、仲井真(なかいま)弘多(ひろかず)知事は「戦争の痕跡はほとんどなくなったが、米軍基地だけは変わりなくある。日本全国で見れば不公平で、差別に近い」と述べ、沖縄の過重負担を軽減するよう訴えた。【井本義親】

【関連ニュース】
沖縄:平和行進スタート 名護市長も出席
在日米陸軍:司令官、初のネット会見…動画サイト使い回答
普天間:官房長官、市議長らと会談 「分散移転に理解を」
普天間移設:「改めて県外」沖縄知事、鳩山首相に要求
普天間移設:平野官房長官、15日に鹿児島市を再訪問

ワクチン投与後に全頭処分へ…政府方針(読売新聞)
明治天皇初の詔書、草案発見=東京遷都で京都に配慮―広島(時事通信)
夕張メロン 今年は小ぶり 出荷始まる(毎日新聞)
<鉄道ファンの音>車掌の肉声や「鉄オタ クラシック」 相次いで発売(毎日新聞)
返り血の服着替える 京都・長岡京の夫婦刺殺男、計画的か(産経新聞)
[PR]
# by zkzdn0zb2h | 2010-05-21 14:00
 男女の争う声がして、女性の悲鳴が聞こえた−。京都府長岡京市の路上で12日深夜、夫婦が刃物のようなもので刺殺された事件。商店や飲食店などが並ぶ現場周辺は、ものものしい雰囲気に包まれた。

  [フォト]65歳夫婦刺され死亡 京都・長岡京、口論の中年男逃走

 府警は、被害者と男が犯行直前まで口論をしていたという居酒屋から、被害者が殺害された現場までの周辺約150メートルにわたり、規制線を張って現場検証を行った

 現場近くのアパートにすむ女性(54)は「夜遅くに女性の悲鳴が聞こえて目が覚めた。男女の争う声がして、怖いので、布団の中でくるまって静かになるのを待っていた。こんなことになっているとは」と信じられない様子。

 犯行直後の現場を見たという近くのマンションに住む自営業の男性(68)は「パトカーが何台も来て騒然とした様子だった。50センチくらいのドロッとした血のかたまりが路上に何個もできていて怖かった」と話した。

【関連記事】
口論の父を刺殺…逃走車がバス衝突、29歳死亡 大阪
「結婚して」交際相手を刺し死なす 45歳女を逮捕
クラブで口論の男性をハサミで刺す 殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕
「化粧品代で口論に」母の髪つかみ暴行 容疑の娘逮捕 栃木
口論の末…ニシキヘビの頭で殴り逮捕

「GReeeeN」の街にグリーンカレー(読売新聞)
<もんじゅ>「検証指示した」文科相(毎日新聞)
子ども手当、現物給付も=消費増税は4年後実施−民主の参院選公約案(時事通信)
<もんじゅ>再開に期待と懸念(毎日新聞)
<アカヤシオ>ピンクの大波…三重・御在所岳(毎日新聞)
[PR]
# by zkzdn0zb2h | 2010-05-13 10:34